有限会社アルテフィーチェ 戸田 英清

imag015.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

プチ旅行 人物編 【愛香さんと舞子】

愛香さんとの最初の出会いは、新人研修の時でした。
美人で圧倒されましたが、右も左も分からない新人8人程を
上手くまとめてくれて、研修をそつなくこなしてくれました。

それから、いい意味での“ひできよ”いじりが始まりました。
僕が配属されたのは名古屋だったので、
部署が違えど、同じフロアでしたから、毎日顔を合わしてました。
旦那さんである白木さんとも、一緒に仕事してましたので、
公私共に仲良くさせてもらいました。

大して面白くない僕をそれなりに面白い人物に仕立ててくれました。
今でも忘れませんが、栄のド真中で、ビデオ撮影をした記憶は
本当に、愛香さんがノセてくれたから出来た事でした。

f0174606_20202916.jpg

舞子は舞子で、とてもチャーミングな新人でした。
素直で、人柄の良さが顔に出ていました。
そんな彼女とはわずかの間だけ同じ部署でした。
楽しい思いでもあります。

今は、バリバリ人材開発の先頭をきっているのです。

今回、二人とも暖かく迎え入れてくれて嬉しかったです。
また、調子こいて遊びに行きますので☆
[PR]
by imag0150 | 2008-12-29 20:31 | ザ・業界話

プチ旅行 人物編 【洋基】

すっかり大人になってました。
最初に新卒で入ってきて、その時に同じ部署で
一緒に働きました。
洋基は、あまり喜怒哀楽を思いっきり表現する
タイプの人間ではなく、ノバレーゼでも
大人しい部類に入りました。

それが今では、プランナーを8人も抱えて、
地区を任されるゼネラルマネージャーにまで成長しているのです。

f0174606_20283455.jpg

もともと、冷静型の洋基でしたから、
マネージメント能力は高い人物でした。
僕みたいな勢いの直感型ではないのも感じていました。

色々と管理しなければならないことも多いだろうし、
自分でドンドン成績を上げるのではなく、
環境を整えて、スタッフを育て上げる仕事であったり、
最終決定権をもった人になるので、
その能力の幅広さを常に意識しなければならないです。

洋基の成長している姿に、感動と刺激を受けました。
今、僕が経験できなかったことを経験しているのです。
これからの将来が楽しみです。

お互いに進む道は違えど、どこかでまたいつか
酒を交わしながら話をしたいです。

“洋基、色々と配慮と段取りしてくれてありがとう。”
“愛媛、遊びに来いよ~!!”
[PR]
by imag0150 | 2008-12-27 20:29 | ザ・業界話

プチ旅行 人物編 【清水夫妻】

ちょっと、遊びに行ってきたので、
その報告などを・・・。

ノバレーゼで大変お世話になった、清水さん(女性)です。
ノバレーゼの2年間、彼女の下で働きました。
とても魅力のある人でして、自ずと色々な人が
集まって来てました。

とにかく仕事は出来ました。僕なんか到底足元にも及びません。
新規接客での、お客様のハートを掴む術であったり、
安心感と期待感を持たせる話術。
現在もバリバリのプランナーとして進化しているそうです。

f0174606_21273589.jpg

清水さんに、約4年振りに会ったのですが、
最初はどんな感じになってるのかと、緊張しましたが、
全く変わってませんでした。
4年も経過したのかと思われるぐらいでした。

相変わらず、適当な面もあり、安心しました。
素敵なお家を建てて、旦那さんとパセリ(猫)と
仲良く過ごしてるそうです。

また、次回何年後になるか分かりませんが、
会えるのが楽しみです。
[PR]
by imag0150 | 2008-12-26 21:28 | ザ・業界話

ホテル奥道後開業記念ゴルフコンペ☆

クリスマスイブにゴルフコンペなんぞに、初めて参加しました。
今までにゴルフなんぞ、たいしてしたことも無く、
25歳ぐらいの時に、打ちっぱなしが楽しくて、
1ヶ月ぐらいはまった記憶ぐらいしかないです。

そんなわたくしのような身分のモノが、某テレビ局の社長さんや
奥道後の幹部の方方や、その他様々な分野の企業の代表で
活躍されてる人達の中に混じって、一緒にプレイをしました。

如何せん最初の事なので、何をどうしていいか分かりませんでした。
いきなり、大都会に来て、地下鉄の乗り方に四苦八苦している学生の
ような気分になりました。

おまけに、全く練習もしてませんので、かなりの不安でしたが、
一緒に周った人が常日頃から気心しれた方だったので助かりました。

f0174606_10142319.jpg

コースはとても広くて気持ちいいです。生憎、冬だったので、
芝生はグリーングリーンしてませんでしたけど、あの広さと絶景は凄かったです。

結果は散々たるものでした。思ったように玉が飛ばず、練習して無いけど、
根拠の無い自信で、上手く飛ぶはずだと思ってても、
そんなに甘くも無く、コースを走り回りました。
でも、神様はちゃんとそんな走り回った私に栄光をたたえて、
“ブービーメーカー賞”を授けてくれました。
みんなから、そうそう取れるものでは無いと言われ、
明日からの飛躍の糧になりそうでした。

次回は5年後ぐらいかな~☆
[PR]
by imag0150 | 2008-12-25 10:17 | 独り言

最近の夕日

最近は、繁忙期が終わり、決算の事なども
あれこれとしつつ、オフィスに居る機会が多いです。

年のうち、8ヶ月ぐらいはバリバリの繁忙期にしたいと
思ってるのですが、現実は超プチプチ企業ですので、
これから、年末に向けて、忙しくは無いです。

この時期の夕日は空気が澄んでで、とても美しいです。
結構の頻度でみています。
いや、国内で一番夕日を見ているウエディングプランナーですね☆

今日も切なく一日が暮れようとしています。

f0174606_17264215.jpg

[PR]
by imag0150 | 2008-12-17 17:27 | オーシャンズ13

“仁志らしい Wedding” パーティーinヴィオラ編

僕自身の念願叶うことになったのは、
友人である、仁志のおかげです。

そう、前々から、トラットリア ヴィオラ
でのウエディングが実現できたら
さぞかし、ゲストが満足されるだろうなと思っていたからです。
人数的には、40名様が最大となりますが、
とにかく料理が美味しい事にかけては、群を抜いていますから、
多くのゲストに、その料理を味わっていただきながら、
自分自身のプロデュース要素が少し加われば、
素敵な感じになるのは、間違いないと確信していたからです。

f0174606_2152289.jpg

想像通り、本当にアットホームで素敵な披露パーティーでした。
ゲストは料理をしっかりどの皿も残さず綺麗に食べてました。
それが、何より美味しい証拠でしょう。

直史さんには、あれこれとご無理を聞いていただき
感謝の気持ちでいっぱいです。
アイマグを通じて距離感が縮まり、今回のご縁。

さてさて、次は例のコラボを実現させたいですね、直史さん☆

とにかく、新郎新婦の人柄が滲み出た、
“仁志らしい Wedding”でした。

また、お家に寄らせてもらいま~す☆
[PR]
by imag0150 | 2008-12-15 21:05 | ウエディングの演出

“仁志らしい Wedding” 神前式編(12月6日)

昔からの友人が相次いで結婚してます。
11月29日の淳くん、そして今回の仁志と。
二人とも一緒に良く遊びました。

今でも、一緒に飲んだりするけど、その回数は減り、
仁志がお父さんらしい事をしている所を見ると、
複雑な切ない心境でした。

f0174606_9205581.jpg

そんな彼が神前式を厳かに挙げました。
神前式では、ほとんどオペレーション等で出番は無いのですが、
お二人のお出迎えから、その後の写真撮影や
パーティー会場への誘導まで、確実にこなさなければなりません。

少し肌寒い日でしたが、お天気には恵まれたので、
とてもいい写真が残せたと思います。
カメラマンさんの協力もあり、親族の暖かい笑顔と
それに対するお二人の幸せそうな笑顔が
とても印象に残りました。

次回はパーティー編へ続く・・・。
[PR]
by imag0150 | 2008-12-14 09:29 | ウエディングの演出

“和洋絢爛Wedding” 11月29日

とうとうやっちゃいました。初めての試み。
あの竹寿庵での、和婚人前式。
ホテル奥道後のウエディング。
やはり想像以上の厳かさに、伝統の趣と
新しいものの融合の斬新さを痛感させられました。

独特の明りでの緊張感と花嫁の美しさの競演には
今までに無い、存在感を感じてしまいました。

披露宴はガラッと洋裳でのあれこれとした楽しい演出を。
ゴスペルは大迫力があり、空間に響き渡り、
階段からの入場は、まさにハリウッドセレブを
彷彿とさせるような瞬間でした。

そんな全てが特別な空間でのパーティー。
ゲストにも満足していただけたのでは・・・。

詳しくは、後日のアルテフィーチェ公式HPを参考にして下さい。

お二人とも末永くお幸せに・・・☆
f0174606_15532529.jpg

[PR]
by imag0150 | 2008-12-12 15:53 | ウエディングの演出

“せんきむこうき Wedding” 11月24日

色々な結婚式をプロデュースしてます。
それに対して色々なお客様がいらっしゃいます。
今回のケースは、アルテフィーチェとしても
私自身としてもとても励みになるお二人を含む
ご家族と出会うことが出来ました。

最初の出会いでは、かなり緊張しました。
何故なら、ご両親さまと一緒に来られたからです。
初対面はお互いに緊張はするのですが、
さすがにご両親様が来られると、その緊張は
いつもの2倍以上です。

しかし、そこは考え方が逆で、最初にご両親様との
コミュニケーションが取れてれば、こちらとしては
超安心になるのです。
結婚式はお二人が主人公ですが、親族を招くご両親様に
とっても、それなりのイベントになりますから、
色々と心配なり配慮なりされているからです。

素敵なお二人とご両親様と、超可愛いチビッ子と
楽しく進めてきた披露宴は、とても素敵な時間が流れました。
司会のW林さんのサポートもあり、
ちょっとしたアクシデントも回避する事ができて、
事なきを得ました。

新婦さんの素敵な笑顔がとても印象的でした。
新郎新婦とは一回り近く離れてまして、
ギャップを感じるかと思いきや、全くそんな事は無かったです。

また一つ、美しい夢に向って、前進したような気がします。
西岡家の末永い幸せを祈りつつ・・・。

f0174606_2011521.jpg

[PR]
by imag0150 | 2008-12-08 20:01 | 提携店情報

“むかし体育部 Wedding” 11月23日

素敵だったウエディングのレポートを
落ち着いてきたので、したい衝動に駆られました。

こんな素敵な空間で、こんな素敵な仲間に囲まれて、
美味しい料理で、ワイワイガヤガヤ。

今までに無い、新しい形のウエディングです。
何回もこなしておりますが、
毎回、終わるたびに、もっともっと
この場所を多くの新郎新婦に知ってもらい、
その非日常に酔いしれてもらいたいです。

“むかし体育部Wedding”
本当に素敵なお二人でした。
新婦さんは、スポーツ万能です。
新郎さんもバスケ大好きです。
その真相は・・・?

当日の天気も最高でしたので、
どの演出の最高に盛り上がりました。

当日は、アイマグメンバーの武村さんの司会も
バッチリでしたし、あれこれある対応も
森の国スタッフ、アルテフィーチェスタッフ一丸となって
サポート出来ました。

寂しさと情熱の狭間にあるのが、今の僕の心境です。
お二人に出会えた事に感謝です。
ありがとうございます。
f0174606_10503337.jpg

[PR]
by imag0150 | 2008-12-02 10:50 | ウエディングの演出